阪本かつみさいたま市議会議員 / 桜区

もっと!ワクワクする桜区

桜区の道路整備について

桜区の道路整備について

さいたま市では、限られた財源の中で、都市計画道路をはじめとする機関道路の整備を効率的かつ効果的に推進するため、「さいたま市道路整備計画(第3期)」を策定し、計画的な道路整備に取り組んでいます。

都市計画道場三室線は、与野南中学校から国道17号バイパスまでの約1.1㎞の区間について、令和5年度末の供用開始を目指し、整備を進めています。
また、国道17号バイパスから桜区役所までの約1.4㎞の区間において、令和3年10月道場三室線(栄和工区)として事業認可を取得し、11月までに事業認可に伴う説明会を開催しました。

また、道場三室線からつながる大谷場高木線については、桜区役所から国道463号線までの約0.6㎞の区間を4車線化することで、東西軸の広域ネットワークが構築され、埼大通りや新六間道路の渋滞緩和や移動時間の短縮に寄与するものと考えています。
この区間については、道場三室線(栄和工区)の進捗を見ながら、事業着手時期について検討していきます。

さいたま市道路整備計画(第3期)
https://www.city.saitama.jp/001/010/018/007/002/p064599.html

道場三室線(2工区)
https://www.city.saitama.jp/001/010/018/007/006/004/p070837.html

道場三室線(栄和工区)
https://www.city.saitama.jp/001/010/018/007/006/004/p070837.html

議会での質問道路網の整備について[ 2021年12月定例会 ]

議会での質問

桜区内の道路網に関しては、整備が充実しておらず、市民意識調査からも輸送に関る不満や不便さ、住みにくさが挙げられており、先ずは道路を整備することが必要と思われるが、道路網の整備について、どのように計画しているのか、伺う。
特に、都市計画道路の道場三室線、大谷場高木線に関する整備スケジュールについて伺う。

政策と実績に戻る